相続問題の解決への近道|法律のプロへ依頼

弁護士

主張の整理

笑顔

今日の日本には様々な家庭がある。考えられないほど裕福な家庭であったり普通の家庭であったり、複雑な家庭であったりと。それに伴い様々な親族間での相続問題が起きてしまうのである。では具体的にはどのような事柄が、相談しなければならない問題へ発展してしまうのだろうか。
一番用意に想像できるのは遺産相続であろう。例えば、とある二人兄弟の父親が他界してしまったとする。母親は数年前に先に他界してしまっている。悲しみにくれた後に兄弟へ待ち構えている問題が、亡き父が残した多額の遺産をどうするかである。
法律でも相続については決まり事があり、基本はそれに沿い配分するのが一般的である。この兄弟の場合、父が生前に残した遺書があるわけでもないとしよう。なら法律に沿えばいいが、そうはいかなかった。

兄は仕事をしながら実家へ通い、父親の面倒を見てきたのである。弟は彼の家庭や、仕事の都合上実家にはあまり来る事は出来なかった。兄は言う、俺が親父の面倒をずっと見てきたんだ。だから俺が遺産を多く貰う権利があると。弟は勿論反論する、言い分は分かるがそれは法律として可笑しい。そして兄弟は反発し合い事態は泥沼化してゆくのである。
ありきたりな例えではある。だがこの様な親族間での金銭的なやり取りは慎重にしなければならい。親族感ではもしかすると感情が先に走ってしまうかもしれない。そこで第三者であり、プロである弁護士に介入してもらい相談をするのである。