相続問題の解決への近道|法律のプロへ依頼

弁護士

問題を最小限に留める

握手

弁護士は六法を学び、資格と取得し弁護士会に登録した者がなれる職種である。人によっては色々な相続問題を担当してきており経験を積んでいる弁護士も勿論いる。だからこそ、相続問題が裁判沙汰へと発展してしまう前に話を聞くのである。
相続に関する法律、これまでの経験、そして当事者の問題などを含め問題解決へと努めてくれる。もしかしたら当事者には納得が行かない返答が来たり、結果になったりする事もある。しかしそこで感情的になってはならない。冷静に話を受け入れ、ではどうすれば問題が解決するのか一緒に考えて貰うのである。そしてそこで、話がまとまったのならそれを踏まえた上で問題解決へ踏み込めばいい。それでも事態は収まらず裁判へとなってしまったら、その時は弁護をお願いするのだ。

弁護士は当事者の主張をしてくれる。必ずしも相談したこちら側が裁判に勝つとは限らない。だが、正々堂々裁判を行い、相続問題を解決するのは悪い事ではないし、相談した事も無駄ではないのである。
弁護士への相談や裁判もだが、問題解決へは話す事と話し合いが必要である。言葉を交わすことによって相手の主張を受け入れ、自分の主張も理解してもらう。人と人が理解し合えば、相続問題だって解決へと向かうのである。親族間だけで難しいのであれば、第三者で法律のプロである弁護士を介入すればいいのである。弁護士という響きで、萎縮などもせず相談をして、先ずは話してみる事が問題解決への一歩!