相続問題の解決への近道|法律のプロへ依頼

弁護士

納得のいく答え

男性

突然だが、弁護士が身につけているバッジ(記章)はご存知だろうか?向日葵の花を象っており、その中央には平等の象徴である天秤の絵があしらわれている。このバッジは結構重要な役割を果たしているのである。弁護士はこのバッジを常備しなければならないと決まりにある。
もし、裁判所に行き訴訟を起こすがバッジをしてないとなるとどうなるかというと、まず弁護士と認めて貰えずすべての行為が無効となってしまうのである。何をどう主張しても、法的に道理に適っている書類などを提出しても何も解決に進まないのである。ただの法律にある程度詳しい人と言う事で話しが終わってしまう。

それほど弁護士という認定された人物は法廷では力を発揮できるという事である。当事者の権利や主張を代弁して、あまりにも法的に間違っている事柄を指摘された時は弁護をしてくれる。
ですから相続問題に対峙した当事者が、法律に詳しくない場合に裁判が起こってしまうとする。そして一人で法廷に立ってしまうと納得した結末を迎えられない可能性が高い。幾ら主張しても法的な書類を提出したとしても認められない事もあるのだ。それで相続問題が納得行かない結末になってしまうとは、あまりにも後味が悪いであろう。相続問題に限らず法律関係で悩んでいる方は、是非とも一度弁護士を頼ってみてはいかがだろうか。弁護士へ依頼すれば、正しい知識と判断で相続問題の解決に向けてサポートをしてもらうことが可能なのである。